2016年01月29日

いつもと違った目線


本日は出航の予定がなかったので、羅臼瀬渡し会の船にお世話になり海へ!!
知床海獣ツアー』に参加してきました〜。
朝、麻布港に直接集合で6時半出航となります。

DSC_4813.JPG

朝6時まだ日の出前の時間帯、そして深々と雪が降り続き辺りは真っ暗。
それでも沖では漁船の灯り、港内でも漁師さんたちが仕事をしておりました。
今回お世話になった船SEA MAXの船長の野田さん。
カメラを構えているのは、知床らうすリンクルの代表でガイドの後藤さん。

DSC_4820.JPG
いつもお世話になっております^^

いつも沖仕事をしていますが、いつもと違った感覚、経験する船なので
少し緊張するんです(笑)でもそれ以上にワクワクしています!!

野田さんが操船しながら目的の生き物を探していきます!
出航して10分ほどで発見、ココに黒い物体がかたまって泳いでいます。
さて、一体なんでしょう?

DSC_4814.JPG

そうそう、こちらですね。

IMG_8277.jpg
黒い物体の胸ビレ

『知床海獣ツアー』はトドをメインとしたツアーです。

IMG_8105.jpg

20頭近いトド群れ、最初は警戒しておりましたが徐々に警戒もゆるくなり
活発に泳ぎまわったり、船に接近したり、まーったりする様子も見られました。
トドは岸にこれだけ近い所を泳いでいることも多く、道路沿いからちょっと沖を観察していると
目に入ってくることもあります。

IMG_8051.jpg

トド以外にも遠くにゴマフアザラシや移動中に見られた海鳥は
こちらのクロガモのオスとメス。
その他、シノリガモ、ホオジロガモ、カワアイサ、沖にはたくさんのヒメウや
船から近い所でウミスズメも沢山見られました。

IMG_8269.jpg
走りながら撮ったので、ブレブレです(汗)

ツアー後半、ちょうどウニ漁の船も出航してきました。
沿岸でプカプカ浮いているトドたち、ウニ漁の船もトドもお互いをあまり
気にしていないようでした。

IMG_8213.jpg

ボートレースのように、とても速いスペードで向かってくるウニ漁の船。
カッコいいですね!これぞ羅臼らしい、羅臼ならではの景色です。

羅臼は1月〜6月までウニ漁を行っております。
そして本日は今年2度目のウニのセリ!!ということもあり
羅臼道の駅に隣接している海鮮工房に行くと、美味しそうなウニが
店頭に並んでおりました。一折2500円前後ととても安いです。

DSC_4824.JPG

この厳しい冬に、小さな船で漁師さんたちが採ってきた美味しいエゾバフンウニ。
羅臼お越しの際はぜひご賞味ください。

知床海獣ツアーに関するお問い合わせは知床らうすリンクルまで。

<ひがし北海道エクスプレスバスのご案内>

冬の北海道、雪道の運転が心配というお客さまは、
冬季限定でウトロ=羅臼=中標津空港を通るバスが運行しております。
期間:2016年1月23日(土)〜2月29日(月)まで
ひがし北海道エクスプレスバス』をぜひご利用ください。


(2422)

posted by e-shiretoko at 18:27| Comment(0) | 日記