2016年01月25日

25年前のライダーさん


本日はお客様の需要がなく、1日事務仕事。
お昼頃まで雪が降り続き視界不良でしたが、午後から少し視界がよくなり
ちょこっと沖観察しましたが、鯨類は見つけられず。

DSC_4787.JPG

さて、本日は知床岬の赤岩番屋のお話を少し^^
赤岩番屋の詳細はこちら
というのも、先日Facebookで申請をして下さった方が
なんと25年前、赤岩で長谷川家にお世話になったライダーさんとのこと!
その当時のお話を少し聞かせて頂き、船長に報告したところ
大変喜んでおりブログにて紹介することにしました。

こちらのお写真は、その方から送って頂いた貴重なお写真。
知床岬にある石碑前で撮影されたものです。

12606821_1548381015478148_1648878520_n.jpg
1989年9月9日撮影

残念ながら、今はこの石碑は倒れてしまい
当時と比べて知床岬の植生もシカの食害で、大きく変わってしまったと船長。
80年代は、岬にトレッキングで来るほとんどがライダーさん。
写真を見ても分かるように、このような軽装で来られる方がほとんどだったようです。
当時は、相泊から赤岩まで沢山の昆布番屋があったため、このような軽装で行っても
色々と助けてもらえましたが、今は相泊から赤岩まで番屋がほとんどありません。
今、軽い気持ちで行こうとすると痛い目にあうよ!と船長が言ってます。

こちらは長谷川家に残っている当時の写真です。
『今でこそこうだけどな、昔は俺だっていい体してたんだぞ!!』
とよく船長が言っています。

その当時の筋肉ムキムキいい体だった頃の写真がこちらです。

IMG_0128.jpg
写真向かって左が長谷川船長(20歳くらい)

こちらは赤岩番屋の前浜で撮影した写真。

IMG_0110.jpg

知床岬へ行くには、相泊という所までしか車で行くことが出来ず、
そこからは歩くか船となりますが、現在羅臼のガイド会社知床らうすリンクルでは
小型ボートで行く知床岬方面クルーズツアー
があります。
今から約40年前は、知床岬だけでも番屋が40軒ほどありました。
手つかずの自然、普段踏み込めない地というイメージがある方も多いと思いますが
昔の漁業や歴史についても多くの事を学べるクルーズです。
興味がある方はぜひ!!

今回ご連絡頂きましたライダーさんには、貴重なお話をお聞きすることができ
とても興味を持ちました。本当にありがとうございました!


◆イベントのお知らせ◆

今月の1月27日(水)から29日(木)の3日間、札幌地下歩行空間(3条交差点広場(西))
にて行われる、hand to heart様主催のイベント『hand to heart vol.18』
に知床雑貨カフェcho-e-maruが出店いたします!

1929506_867535916692313_6952408524715497509_n.jpg

☆日時
2016年1月27日(水)1月28日(木)1月29日(金)
11:00〜19:00 
 ※知床雑貨カフェcho-e-maruは28日(木)の1日のみ参加いたします。

☆開催場所
札幌地下歩行空間北3条交差点広場

本日のオススメ商品はこちら
クジラやシャチをモチーフにしたストラップや陶器で作ったマグネットなど
小物類も販売いたします。

DSC_4786.JPG

知床雑貨カフェcho-e-maruのfacebookでも、その他販売する雑貨を
ご紹介しますので、ぜひご覧ください。
お近くお住まいの方は、ぜひ足を運んでみて下さいね^^


ひがし北海道エクスプレスバスのご案内

冬の北海道、雪道の運転が心配というお客さま。
冬季限定でウトロ=羅臼=中標津空港を通るバスが運行しております。
期間:2016年1月23日(土)〜2月29日(月)まで
ひがし北海道エクスプレスバス』をぜひご利用ください。


(2421)

posted by e-shiretoko at 18:00| Comment(0) | 日記